txinnertube.com 〜日本におけるタバコを吸う人の割合〜

日本におけるタバコを吸う人の割合

txinnertube.com 〜日本におけるタバコを吸う人の割合〜 平均を見ることで全体の参考に出来る場合があります。平均寿命などを見れば自分が後どれくらいまでなど考えられます。単純な平均寿命よりも平均余命を見ることが大事です。平均寿命には乳幼児なども含まれるからです。平均がこのようになっているなら、自分もそれに合わせてそのようになろうと思う人が増えるかもしれません。それが期待したいこととしてタバコの吸う人の割合があります。日本においてはかつては男性の喫煙率が高かったとされます。

高度成長時代、男性の喫煙率は80パーセント近くあったとされます。ほとんどの人がすっていた状態です。おそらくその時には害のことなど問題にならなかったのでしょう。その後製造会社が民営化し、海外から健康問題の情報がどんどん入ってきます。そして日本においても健康問題の観点から喫煙に関する問題が取り上げられるようになります。公共の場での喫煙ができなくなったり、パッケージへの健康被害の知らせなどが追加されるなどです。

現在は男性に関しては30パーセントほどと言われています。毎年少しずつ減少しています。女性は上昇傾向で10パーセントを超えていたのですが、値上げの事もあって10パーセントを切るようになりました。